どうぶつの森forスマホアプリ攻略速報|どう森攻略・まとめ速報

343PV

バラエティに富んだ施設を紹介!

どうぶつの森アプリの施設と利用できる条件、遊び方などをまとめました!
シリーズを重ねるごとにより深くどうぶつの森を楽しめる施設が増えているので「ここってこんなことも出来るんだ!」という新たな発見もあるかもしれないのでチェックしておきましょう!





駅の紹介

友達の村へいつでもお出かけ!

駅は他のユーザーの村へお出かけすることが出来る通信手段です。
ここを通してお友達を自分の村へ招いたり、お友達の村へ遊びに行くことが出来ます。
駅にはえきいんさんが常駐しており24時間おでかけが可能、そして駅にあるロッカーは自宅のタンスと中身が繋がっているので家に帰らなくても荷物を預けることが出来ます!


駅舎は初期のデザインが決まっており、屋根が赤・青・緑・茶色となっています。
自分の村に遊びにいた人が100人を超えると公共事業で駅舎の改築が可能になります。
パターンは「和風」「モダン」「メルヘン」の3つがあり、お友達を呼べば呼ぶほど遊べるようになっています。




役場の紹介

村のことは全てここで操作!

ここは村の全ての事が決められる村役場です。
村に建設物を建てる時や川に新たな橋を増設するような建設系から、村の中の決め事「条例」を決めたり、村のメロディや旗のデザイン、村の現在の環境についての評価や住民についての相談など色々なことがここで決めることが出来ます。
秘書のしずえが常駐しており、建物の立て方や何に関してもフォローをしてくれるので決め事など分からなくても安心!




郵便局の紹介

お手紙を出したり貯金が出来る!

郵便局では住民にお手紙を出したりATMからベルの振込、引き出しが可能です。
昼間はぺりこが、夜はぺりみの局員が働いていて同じ局員でも対応は全く違うので最初は驚く人も多いはず(笑)
ぺりみは村の優しいお姉さんという感じですが、それに対してぺりみは性格が少しきつく手紙を出そうとすると仕事を増やすなと言わんばかりに舌打ちをしてくるので衝撃です。
ここでは手紙を出すだけでなく保存も出来るので、住民からもらった大事な手紙は忘れず保存しておきましょう。
また、3DSでは期間限定のプレゼントがNINTENDOから受け取れるので村の中で数多く訪れる場所の一つです。




交番の紹介

落し物はまずここに!

交番にはおまわりさんが常駐しており、落し物が届けられていたり村に訪れた人の情報が見ることが出来ます。
この施設は住民からの公共事業の依頼で建設が可能になるので、最初から村にあるわけではありません。
交番には二つのデザインがあり「クラシック」と「モダン」の二つが建設時に選ぶことが出来ます。
この外観によってビシッとしたおまわりさんが来るか、おどおどしているおまわりさんが来るかが決まります。
モダンを選ぶとビシッとしたおまわりさん、クラシックを選ぶとおどおどおまわりさんとなっています!
ちなみに画像はモダンな交番。




博物館の紹介

ムシやサカナや化石を展示!

博物館では村で採れたムシ・サカナ・化石・名画を展示することが出来ます。
1階にいるフータに話しかけることで寄贈が出来るので、初めて手に入れたものは早速寄贈しに行きましょう!
1階ではムシ・サカナ・化石・名画の展示室があり、2階ではフーコが働くミュージアムショップと企画展示室があります。
寄贈品が増えれば増えるほどミュージアムショップで特別な「銀の道具シリーズ」「金の道具シリーズ」が購入できるようになるので、モチベーションが上がりますね!
企画展示室では1部屋10000ベルで自分の好きなものを飾ることが出来るのでオリジナルの展示室を作ってみるのも楽しみの一つです。




キャンプ場の紹介

新たな住民がやってくる出会いの場!

公共事業の一つで59800ベルで建設が出来ます。
キャンプ場は他の村から旅行でやってくる住民達がまさにキャンプをする場所で、夏場はテント、冬場は鎌倉と言った様相になっている。
住民がやってきていると画像のようにテントがたつので、早速中に入って話しかけてみましょう。
ミニゲームをしたりアイテムの売買などが行えます。
また、現在の村の住民が9人以下で今まで住んだ事が無い住民だと村に引っ越してくるよう勧誘も出来ます。
積極的に話しかけて、楽しく交流してみましょう!




夢見の館の紹介

他の村へ通信で見学できる!

この施設はインターネット通信で他のユーザーの村に見学に行ける場所。
ただ最初からこの施設がある訳ではなく、ある条件を満たせば公共事業で建設が可能になる。
条件とはインターネットに接続したことがあり、公共事業が出来る様になってから1週間たっており、公共事業を1回以上完了させていること。
これらを満たした状態で役場のしずえに話しかけると公共事業のリストに夢見の方が追加されます。
24時間いつでも利用可能でゆめみという店員が常駐しています。







  • Loadingこの記事をお気に入りに追加する
  • この記事をツイートする

只今、こんな記事が沢山読まれてるよ♪
関連記事

コメント一覧(12)
  • No.
    1

    名前しか知らないゲームだけどやってみたくなったわ


  • No.
    2

    キャラが可愛すぎ
    早くやりたいのにー!!


  • No.
    3

    施設が豊富だと町って感じがしてきていいよね


  • No.
    4

    入館時間とかが決まってたりするともっと面白くなるな


  • No.
    5

    アプリ版だと友達を増やしやすそうだからその分改築できるデザインの種類も増えそうだね!


  • No.
    6

    フレンドの村のキャンプ場に泊まりに行けたらいいなぁ
    ゲームとかアイテム交換とかしたら楽しそう!


  • No.
    7

    ぶつ森アプリ早くやりたいなぁ
    これ絶対面白いやつでしょ


  • No.
    8

    友達と一緒にワイワイやれそうなのがいいね


  • No.
    9

    施設が充実していて、リアル感がでている
    住人キャンプ場で過ごすとか面白い


  • No.
    10

    キャンプ場面白そう
    皆で集まってワイワイしている姿を想像しただけで
    楽しくなってくる!


  • No.
    11

    アプリバージョンだとお出かけが更に面白くなりそう
    毎日夢見の館で色んな所行きたい


  • No.
    12

    昔と違って好みの施設が建てられるのか!
    64時代の私には進化に驚くばかり
    アプリならパパッとプレイ出来るし、久しぶりにやりたくなってきたな~


  • コメントを書く

    コメントを残す



    このページのトップヘ